白河ドローンスクール | 福島県白河市の県南自動車学校では農薬散布など産業用ドローンのライセンススクールを開校しています。

白河ドローンスクール|農薬散布など産業用ドローンのライセンススクールを開校しています

近年ドローンが急速に普及し、多くの産業で活用されるようになりました。
商用ドローンは2021年には80万台に到達するという予測もあり今後ますます普及が進むと考えられています。
ドローンを活用したビジネス展開をするためにはライセンスが絶対的有利です。
また農業の分野において農薬散布などのドローン活用が飛躍的に発展すると言われています。
けんなん自動車学校では、広い分野で役立つJUIDA認定のライセンスと農薬散布に必要な認定ライセンスのスクールを開設しています。

「農薬散布のライセンス」
スクール

japan agri service

ドローンは農薬散布など農業分野での活用が大きく期待されています。農薬散布は農業従事者のとって大変な重労働です。ドローンを活用すれば手作業よりも早く効率的に散布することが可能です。ドローンによる農薬散布は、2019年に規制緩和がされたことで注目が集まっています。

ドローンの農薬散布に「農林水産航空協会」認定のライセンス所持は任意となっています。しかし、人や家屋の密集する地域の上空を飛行させる場合があり、物件の投下に該当するため、航空法に基づいて事前に国土交通大臣へ許可・承認の申請が必要です。

そのため安全にドローンを飛ばすための技術や知識を身につけるため講習を受けてライセンスを取得することは重要です。けんなん自動車学校は、ジャパンアグリサービス福島白河分校としてライセンス講習を実施しています。


「農薬散布のライセンス」スクール 詳しくはこちら

「JUIDA認定ライセンス」
スクール

JUIDA認定校

ドローンは様々な産業に活用される時代になりました。今後も規制緩和やルールの整備が進み、各方面での技術革新されることで、ますます普及すると予想され、新たなビジネスチャンスも生まれ市場規模は確実に拡大することは間違いありません。

ドローンの普及には課題もあります。安全性を高めトラブルや事故を防ぐとともに、ドローン産業の健全な発展のために、無人航空機の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行う必要があります。

ドローンを活用したビジネスを行うためには、管理団体が発行するライセンス取得が絶対的有利です。
けんなん自動車学校では、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)の下で講習団体としてドローンスクールを運営しています。


「JUIDA認定ライセンス」スクール 詳しくはこちら